PowerShell

SlackのメッセージをCSVファイルとして保存するPowerShellスクリプト

数日前、今年の9月1日からSlackのフリープランではメッセージ履歴が過去90日分までしか閲覧できなくなるとの発表がありました。

 ただし、改定後のフリープランでは過去のメッセージ履歴やファイルを保存できるのは「最大90日間」のみ。これらの変更も値上げと同時の9月1日から適用され、同日以降は過去90日以前のメッセージやアップロードしたファイルが非表示になる。

 90日間を過ぎたメッセージとファイルを閲覧したい場合は、有料プランへのアップグレードが必要。これまで大学のサークル等で無料版を使用していたユーザーは、重要なファイルのバックアップを忘れないようにしたいところだ。

https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1426026.html より

プライベートでSlackのフリープランを利用しているので、添付ファイルはともかくメッセージが遡れなくなるのはツライところがありますが、幸いSlackにはメッセージを取得するためのAPIが用意されているので、これを使って外部にログを残しておくための簡単なスクリプトを書いてみました。

APIトークンの取得方法

APIを利用するにはトークンが必要になるため、まずは下記の手順でトークンを取得しておきます。下記手順は2022年7月時点の情報で、今後仕様が変更される可能性がある点にはご注意ください。

  1. サインインした状態でSlack APIのサイトにアクセスします。
  2. Create an app」ボタンをクリックします。
  3. From scratch」を選択します。
  4. アプリ名の入力(App Name)とワークスペースを選択(Pick a workspace to develop your app in:)し、「Create App」ボタンをクリックします。
  5. Settingsメニューの「Basic Information」から「Permissions」を選択します。
  6. Scopesの「User Token Scopes」にある「Add an OAuth Scope」ボタンをクリックします。
  7. channels:history」と「channels:read」を追加します。プライベートチャンネルのメッセージを出力する場合は「groups:history」と「groups:read」も追加します。
  8. 「OAuth Tokens for Your Workspace」にある「Install to Workspace」ボタンをクリックします。
  9. 権限のリクエスト画面が表示されたら「許可する」ボタンをクリックします。
  10. トークンが発行されるので、「User OAuth Token」をコピーしておきます。

以上でAPIトークンの取得作業は終了です。
取得したトークンは漏れないよう保管しておく必要があります。

SlackのメッセージをCSVファイルとして保存するPowerShellスクリプト

今回書いたスクリプトが下記になります。
メッセージを保存できれば保存先は何でも良かったのですが、今回はとりあえず加工しやすいCSVファイルとして出力することにしました。

2022/9/19 追記:
ページ送りに対応し、より多くのメッセージを取得できるようにしました。

チャンネル指定

まずは指定したチャンネルのメッセージを保存するスクリプトです。
スクリプト内のチャンネルIDとトークンは環境に合わせて変更する必要があります。
チャンネルIDはURLやアプリのチャンネル詳細から確認できます。

全パブリックチャンネル

次はAPIでチャンネル情報を取得して、全パブリックチャンネルを対象にメッセージを保存するスクリプトです。
こちらもスクリプト内のトークンを環境に合わせて変更する必要があります。

プライベートチャンネル含む

2022/9/1 追記:
プライベートチャンネルのメッセージを保存する場合は、下記コードのようにチャンネルのリストを取得する際に「private_channel」も指定する必要があります。

出力したCSVファイル

スクリプトを実行すると下図のようなCSVファイルがデスクトップに出力されます。

2、30行程度の簡単なスクリプトですが、これでメッセージのバックアップを取るという目的は達成できました。

参考Webサイト


2022/9/6 追記:
「ファイルもダウンロードできないか?」との質問をいただいたので、Slackにアップされたファイルをダウンロードするスクリプトも書いてみました。

SlackにアップされたファイルをダウンロードするPowerShellスクリプト

チャンネル指定

まずは指定したチャンネルのファイルをダウンロードするスクリプトです。
スコープとして「files:read」を追加する必要があります。
下記スクリプトを実行するとデスクトップにフォルダが作成され、その中にファイルがダウンロードされます。

全チャンネル

続いて全チャンネルを対象としたスクリプトです。
スコープとして「channels:read」、「groups:read」、「files:read」を追加する必要があります。


SlackのメッセージをCSVファイルとして保存するPowerShellスクリプト(本文内のユーザー名置換)

2022/9/19 追記:
本文内のユーザーIDをユーザー名で置換した状態でメッセージを取得するスクリプトを追加しました(プライベートチャンネル含む)。
スコープとして「users:read」、「channels:read」、「channels:history」、「groups:read」、「groups:history」を追加する必要があります。

VBAでブラウザーを操作するSeleniumWrapperVBAの紹介前のページ

[Power Automate for desktop]データテーブルを操作するためのアクション次のページ

関連記事

  1. Power Automate for desktop

    Power Automate Desktopを更新するPowerShellスクリプト

    公式ブログを見れば分かる通り、Power Automate Deskt…

  2. Windows 10

    PowerShellでMicrosoft Edgeを操作する

    前回の記事でWebDriverを使ってMicrosoft Edgeを操…

  3. VBScript

    [クライアント管理]WMI Explorerの紹介

    端末のハードウェア情報やインストールされているソフトウェアなどを調べる…

  4. Windows 10

    Selenium WebDriverでChromium版Edgeを操作してみました。

    先日書いた下記記事の通り、Chromium版Microsoft Edg…

  5. Office関連

    Officeアプリケーションのバージョン情報ダイアログから情報を取得するVBScript

    自分の手間を減らすためのスクリプトシリーズ、今回はWordやExcel…

  6. PowerShell

    [PowerShell]メール送信用関数

    本記事で使用しているSmtpClientは2018年現在非推奨となって…

コメント

  • コメント (5)

  • トラックバックは利用できません。

    • YE
    • 2022年 8月 04日 8:24pm

    開発知識がないので困っていたところこちらのスクリプトを見つけてお借りしました。
    無事保存でき非常に助かりました。ありがとうございました!

    • タンヤオ
    • 2022年 8月 27日 5:20pm

    大変便利なコードを公開いただきありがとうございます。
    一点質問なのですが、プライベートチャンネルのバックアップはできないのでしょうか?実行した方でどなたかお答えいただければ幸いです。

    • > タンヤオ 様
      ブログ管理者のきぬあさです。
      プライベートチャンネルのチャンネルのメッセージも出力する場合は、スコープとして「groups:history」と「groups:read」も追加し、チャンネルのリストを取得する際に「private_channel」も指定する必要があります。
      詳細は追記した記事をご参照ください。

    • shiki
    • 2022年 9月 09日 12:39pm

    こちら、過去全期間のログではないですよね。古いデータがとれていません。
    何か原因等お判りでしょうか。

    • > shiki 様
      ブログ管理者のきぬあさです。
      APIで取得できる上限がデフォルトで100になっていましたので、スクリプトを一部変更し、ページ送りにも対応しました。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP