VBScript

[クライアント管理]WMI Explorerの紹介

端末のハードウェア情報やインストールされているソフトウェアなどを調べる際に便利なWMIですが、どのクラスのどのプロパティでどんな情報が得られるのか、あるいはどのメソッドを呼び出せば良いのか、いちいちMSDNにあるリファレンスを開いて調べるのは非常に手間が掛かります。

そんなときに便利なのが、今回紹介する「WMI Explorer」です。

WMIExplorer_01_01

WMI Explorerは簡単な操作でクラスやプロパティの一覧を表示できるので、目的の情報を簡単に見つけだせます。
しかもPowerShellやVBScriptのコードを書き出すこともその場で実行することもできるので、スクリプトを書く際にもとても役立ちます。

PC管理者の方にお薦めのツールですので、興味がある方は是非一度お試しください。

【編集後記】

WMI Explorerですが、以前は下記サイトのものを使っていました。

・WMI Explorer
http://www.ks-soft.net/hostmon.eng/wmi/index.htm
・ツールボックス: IT プロのための新製品
http://technet.microsoft.com/ja-jp/magazine/2007.07.toolbox.aspx

CodePlexで同名のツールが公開されているのを知ったので、今回記事にしてみました。

関連記事

  1. Office関連

    ドラッグ&ドロップしたOfficeファイルをPDFに変換するVBScript

    複数のExcelファイルをPDFに一括変換する必要があったので、簡単な…

  2. Windows関連

    Lhaplusのバージョンを取得するVBScript

    およそ2年ぶりに圧縮・解凍ソフトの「Lhaplus」がバージョンアップ…

  3. クライアント管理

    Javaを使ったWebサイトが突然動かなくなった。

    2014年1月に公開されたJava 7 Update 51を適用したと…

  4. Windows関連

    OSのバージョン情報をクリップボードにコピーするVBScript

    OSのバージョンやビルド番号をブログの記事内に書くことがあるのですが、…

  5. リボン関連

    PowerShellからリボンUIを呼ぶ方法

    下記記事で簡易的なUIとして手軽なHTAを使いました。…

  6. Windows 10

    ストアアプリを起動するPowerShellコード

    ストアアプリ(UWPアプリ)は実行ファイルをダブルクリックする等して直…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP