Office Scripts

[Office Scripts]ユーザーからの入力を取得する方法

久しぶりのOffice スクリプトネタです。
今回はスクリプト実行時にユーザーからの入力を取得する方法を紹介します。

サンプルコード

上記はListシートにあるFoodListテーブルに新しい行を追加して、Food、Price、Memo行の値を入力する簡単なスクリプトです。
main関数のパラメーターを見ると分かる通り、必須であるworkbookの後にパラメーターを追加することで、実行時にユーザーからの入力を受け取ることができます。

  • food:パイプ記号(|)を使って和集合とすることで、入力時にはドロップダウンリストで特定の値しか入力できないようにしています。
  • price:既定のパラメーター値(99)を設定しています。
  • memo:パラメーター名の後ろに疑問符(?)を付けることでパラメーターを省略可能にしています。

その他、制限事項等については下記Learn資料をご参照ください。

実行画面

Web版Excelからの実行

デスクトップ版Excelからの実行

Power Automateからの実行

関連記事

2023年9月の人気記事前のページ

[Power Automate for desktop]Word Onlineコネクタを使ってWordファイルをPDFファイルに変換する次のページ

関連記事

  1. Office Scripts

    [Office Scripts]ウィンドウ枠の固定と解除を行う方法

    今回は、Office Scriptsでウィンドウ枠の固定と解除を行う方…

  2. Office Scripts

    [Office Scripts]シートの保護とユーザーに許可する操作の設定方法

    Office Scriptsでは、下記のような手順でシートを保護、また…

  3. Office Scripts

    VS CodeでOffice Scripts開発を行う

    Office Scriptsの兄貴的存在Office アドインでは、下…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP