Office アドイン

作業ウィンドウのアプリをWord 2013にも対応させる。

※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版を元にしています。製品版では変更になる可能性がありますのでご注意ください。

Overview of apps for Officeの「Supported app types」にもありますが、作業ウィンドウのアプリ(Task pane apps)はExcel、Word、Projectに対応しています。

当ブログではこれまでExcelのアプリのみを扱ってきましたが(カテゴリー:JavaScript API for Office参照)、今回はアプリをWordにも対応させてみようと思います。

使用するファイルは「JavaScriptでExcel 2013用作業ウィンドウのアプリを作成する。(3)」で使用している「HelloWorld.html」「program.css」「HelloWorld.xml」「HelloWorld.js」の4つのファイルで、今回変更するのは「HelloWorld.xml」ファイルだけです。

上記4つのファイルを用意し、「JavaScriptでExcel 2013用作業ウィンドウのアプリを作成する。(2)」の通りにアプリケーション カタログの設定を行っても、Excelではアプリを挿入できますがWordではアプリを挿入することができません。

そこで、「HelloWorld.xml」ファイルをテキストエディタで開き、Capabilities要素の子要素としてCapability要素を追加し、Name属性の値を”Document“とします。

・HelloWorld.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<OfficeApp xmlns="http://schemas.microsoft.com/office/appforoffice/1.0" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:type="TaskPaneApp">
  <Id>dc0b801d-f0ba-4045-b260-09d3729e6ea1</Id>
  <Version>1.0</Version>
  <ProviderName>kinuasa</ProviderName>
  <DefaultLocale>en-US</DefaultLocale>
  <DisplayName DefaultValue="HelloWorld" />
  <Description DefaultValue="My first app."/>
  <IconUrl DefaultValue="http://officeimg.vo.msecnd.net/_layouts/images/general/office_logo.jpg" />
  <Capabilities>
    <Capability Name="Document"/>
    <Capability Name="Workbook" />
  </Capabilities>
  <DefaultSettings>
    <SourceLocation DefaultValue="\\XXXX\Apps\HelloWorld.html" />
  </DefaultSettings>
  <Permissions>ReadWriteDocument</Permissions>
</OfficeApp>

ファイルを上書き保存後、再びWordでアプリケーションの挿入を確認すると、今度はアプリを挿入できるようになっています(※ カタログに表示されない場合は、アプリケーションの挿入ウィンドウにある「更新」リンクをクリックしてください)。

OK」ボタンをクリックしてアプリの動作を確認すると、Excelと同様に選択位置に文字列「Hello world!!」が挿入されることが確認できます。

以上のように、カタログ用XMLファイルでCapability要素を設定することで対応アプリを追加・変更することができます。

・TaskPaneAppCapabilities simpleType (apps for Office)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/fp123664%28v=office.15%29.aspx

その他、apps for OfficeのXMLスキーマに関しては、下記Webページ「Schema reference for apps for Office manifests」をご参照ください。

・Schema reference for apps for Office manifests
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/fp123693%28v=office.15%29

PowerPoint 2013ではプレゼンテーションをmp4形式で保存できるようになりました。前のページ

[Office用アプリ]選択範囲変更時のイベントを利用する。次のページ

関連記事

  1. Office関連

    Acrobatを使ってPDFファイルを結合するVBAマクロ

    前回の記事では、iTextSharpを使ってPDFファイルを結合するP…

  2. Office アドイン

    [Office用アプリ]第三回 Apps for Office 勉強会で登壇しました。

    10月4日(土)に開催されたOffice 用アプリの勉強会「第3回 A…

  3. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(B)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

  4. Office関連

    Google TTSで文字列を読み上げるマクロ

    2012/02/09 追記:関連記事・Google翻訳…

  5. Office アドイン

    Visio JavaScript APIで遊んでみました。

    前回の記事でプレビュー版がリリースされた「Visio JavaScri…

  6. Office関連

    スライドマスターのフォントを一括変更するPowerPointマクロ

    PowerPointでスライドを作成中、マスターのフォントをまとめて変…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP