Google関連

「Save to Drive」ボタンを試してみました。

下記Webページでも紹介されていますが、Webサイト上のファイルを直接Googleドライブに保存できる機能「Save to Drive」ボタンが利用可能になりました。

・Google、すばやく「Driveに保存」- Web用ボタンを用意
http://news.mynavi.jp/news/2013/05/10/033/index.html

使い方は簡単で、下記のようにスクリプトファイルを読み込んだ後div要素の属性でファイルのURL、ファイル名、サイト名を指定するだけです。

data-src:ファイルのURL(相対/絶対パス)
data-filename:ファイル名
data-sitename:サイト名

<script src="https://apis.google.com/js/plusone.js"></script>
<div class="g-savetodrive" data-src="./wp-content/uploads/RecentFileQAT.zip" data-filename="RecentFileQAT.zip" data-sitename="ka-net.org">
</div>

上記コードを貼り付けると、下のようにコードを貼り付けた部分にボタンが表示され、このボタンをクリックすることで指定したファイルをすぐにGoogleドライブに保存することができます(下のボタンでは「クイックアクセスツールバーから履歴を表示するWordテンプレート」で紹介しているテンプレートファイルを指定しています)。

開発者にとってはとても便利で嬉しい機能だと思うのですが、Same Origin Policyに引っ掛かる点とData URIに非対応である点には要注意です。
特にData URI非対応なのは残念ですが、今後の機能追加に期待することにします。

APIの仕様やより詳しい説明については下記Webページに記載されていますので、興味がある方はそちらをご覧ください。

・Google Drive SDK — Google Developers
https://developers.google.com/drive/savetodrive

Internet Explorer 9でファイルを保存しようとしたときに「失敗しました Upload XHR error」が出て失敗する場合には、

ツールメニュー > インターネット オプション > セキュリティタブ > ゾーン:インターネット > レベルのカスタマイズ

から「ドメイン間でのデータ ソースのアクセス」項目を「有効にする」にしてください。

関連記事

  1. Google関連

    以前のGoogle マップを使う。

    「「新しい Google マップ」正式公開、地図大きく、精緻すぎる3D…

  2. Google関連

    [Google Apps Script]スライド画面いっぱいの大きさで動画を挿入する

    久しぶりのGoogle Apps Scriptネタです。今回はスラ…

  3. Excel

    Google TTSで文字列を読み上げるExcelアドイン

    前回の記事で書いたGoogle TTSで文字列を読み上げるマクロ(言語…

  4. Office関連

    OneNote + Google Apps Scriptで定期的にWebサイトのキャプチャーを撮る方…

    「“OneNote”がアップデート、URLをメールで送るだけでスクリー…

  5. Google関連

    Google Docs用アドオンを作成する。

    「Google Docs用アドオンストアがオープン、表計算や文書作成に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP