Office関連

WordBasicマクロの資料

Word 97でVBA機能が搭載される以前のWordでは、WordBasicマクロが使われていました。
マクロ機能がVBAに置き換えられた今でも一部機能は互換性のために残されていて、最新バージョンのWordでもApplicationオブジェクトのWordBasicプロパティ(Word.Basicオブジェクト)経由でWordBasicの関数等を呼び出すことができます。

といっても、その多くはVBAで同様の処理をすることができるので積極的にWordBasicの機能を使う必要性は無いのですが、「DisableAutoMacros」のような、WordBasicだけにしかない機能が必要な場面は今でもあります。

今日はそんな場面で役に立つWordBasic関連の資料をまとめてみました。

  • Wrdbasic.exe:WordBasicマクロのリファレンスファイルです。各関数の説明等が記載されている、WordBasicマクロの基本的な資料です。
  • word2vba.exe:VBAとWordBasicのコマンド対比表です。WordBasicマクロと同様の処理をVBAマクロでどのように書けば良いのかが一目で分かります。「Visual Basic Equivalents for WordBasic Commands」でも確認することができます。
  • wbmigrat.exe:WordBasicマクロからVBAマクロに移行する際の注意点等が書かれたホワイトペーパーです。

※ 一部資料はHLP形式なので、Windows 7やWindows 8では下記更新プログラムが必要になります。

・Windows 7 用 Windows Help プログラム (WinHlp32.exe)
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=91
・Windows 8 用 Windows Help プログラム (WinHlp32.exe)
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35449

Word MVPの新田さんがWordBasicに関する記事を書かれていたので、今日はその関連として記事を書いてみました。

Office 2010 開発者用リファレンスをHTML形式で”快適に”閲覧する。前のページ

Office 2013の開発者用リファレンス次のページ

関連記事

  1. Office関連

    PDFファイルのフィールドを読み取り専用にするVBAマクロ

    「PDFのフィールドに値を入力した後、読み取り専用にするにはどうしたら…

  2. Office アドイン

    [Office用アプリ]Mashup Awards 9にOffice 用アプリで応募できる!?

    日本最大級のWebアプリケーション開発コンテスト「Mashup Awa…

  3. Microsoft Teams

    Microsoft Teamsでタブの構築を試してみました。

    下記記事の通り、Office 365に新たなコラボレーションツール「M…

  4. Windows 10

    SeleniumBasic(Selenium VBA)がMicrosoft Edgeに対応しました。…

    言わずと知れたWebブラウザーの自動制御ツール「Selenium」のV…

  5. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(T)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP