Windows関連

Windows 10 IMEの「クラウド候補機能」の仕組みを追ってみた。

ついにWindows 10 日本語IMEにクラウド候補機能が搭載されました!!」や「Windows 10 IP Build 10074 日本語入力の「クラウド候補」」で紹介されているIMEの「クラウド候補機能」、今回はこの機能の仕組みを調べてみたいと思います。

検証環境

  • Windows 10 Pro Insider Preview Build 10159 x64
  • IMEバージョン:15.0.10159.0(誤変換データ(iwd)に記録されたIMEVersion要素の値は15.0.10011.0)

検証結果

クラウド候補機能を有効にし、IMEで変換する際のパケットをFiddlerでキャプチャーしたところ、下記のようなデータをMicrosoftのサーバーに送っていました。

GET https://www.bing.com/qsonhs.aspx?mkt=ja-JP&q=%E3%81%97%E3%83%BC%E3%81%8F%E3%82%8E%E3%83%BC&form=monitr HTTP/1.1
Connection: Keep-Alive
User-Agent: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.0; WOW64; Trident/5.0)
Host: www.bing.com

IME_Cloud_01

返ってきたのは下記のJSONデータでした。

{
    "AS": {
        "Query": "しーくゎー",
        "FullResults": 1,
        "Results": [{
            "Type": "AS",
            "Suggests": [{
                "Txt": "シークヮーサー",
                "Type": "AS",
                "Sk": "",
                "HCS": 0.0
            }, {
                "Txt": "シークヮーサー 効能",
                "Type": "AS",
                "Sk": "AS1"
            }, {
                "Txt": "シークヮーサージュース",
                "Type": "AS",
                "Sk": "AS2"
            }, {
                "Txt": "シークヮーサー レシピ",
                "Type": "AS",
                "Sk": "AS3"
            }, {
                "Txt": "しーくゎーさー",
                "Type": "AS",
                "Sk": "AS4"
            }, {
                "Txt": "シークヮーサー本舗",
                "Type": "AS",
                "Sk": "AS5"
            }, {
                "Txt": "シークヮーサー 英語",
                "Type": "AS",
                "Sk": "AS6"
            }, {
                "Txt": "シークヮーサー 栽培",
                "Type": "AS",
                "Sk": "AS7"
            }]
        }]
    }
}

これを見るとクラウド候補機能は、bingのサジェスト用APIにリクエストを投げて、結果をJSONで取得、候補として表示していることがわかりますね。

下図の通り、Bingのキーワード候補とも一致しています。

IME_Cloud_02

このAPIがどこのデータベースを見に行っているのかまではわかりませんが、日々Microsoftの方で更新しているデータベースなのでしょう。
Microsoftの更新頻度にもよりますが、最新の用語がすぐに反映されるのではないかと思います。

変換する際の反応も早くて便利な“クラウド候補機能”、製品版のWindows 10でも是非使いたい機能ですね!

[Google Apps Script]Office 365 unified APIを使ってメールを送信する。前のページ

フォルダ(サブフォルダ含む)内の特定の拡張子のファイルに処理を行うVBAマクロ次のページ

関連記事

  1. Windows 10

    【2017年3月版】Microsoft Edgeでブックマークレットを使う方法

    2015年8月にMicrosoft Edgeでブックマークレットを使う…

  2. Windows 10

    起動中のMicrosoft EdgeからタイトルとURLを取得するVBAマクロ(DOM編)

    前回の記事で、UI Automationを使って起動中のMicroso…

  3. Windows 10

    Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(WebDriver編)

    Microsoft Edge Dev Blogに「Bringing a…

  4. Windows 10

    [Windows 10]大型アップデートをサイレントインストールする方法

    下記記事で紹介しているように、Windows 10では「Windows…

  5. Windows関連

    [Windows 8]画像をタッチしてログオンする。

    ※ 下記はWindows Developer Preview(英語版・…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP