Windows関連

Windows 10 IMEの「クラウド候補機能」の仕組みを追ってみた。

ついにWindows 10 日本語IMEにクラウド候補機能が搭載されました!!」や「Windows 10 IP Build 10074 日本語入力の「クラウド候補」」で紹介されているIMEの「クラウド候補機能」、今回はこの機能の仕組みを調べてみたいと思います。

検証環境

  • Windows 10 Pro Insider Preview Build 10159 x64
  • IMEバージョン:15.0.10159.0(誤変換データ(iwd)に記録されたIMEVersion要素の値は15.0.10011.0)

検証結果

クラウド候補機能を有効にし、IMEで変換する際のパケットをFiddlerでキャプチャーしたところ、下記のようなデータをMicrosoftのサーバーに送っていました。

GET https://www.bing.com/qsonhs.aspx?mkt=ja-JP&q=%E3%81%97%E3%83%BC%E3%81%8F%E3%82%8E%E3%83%BC&form=monitr HTTP/1.1
Connection: Keep-Alive
User-Agent: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.0; WOW64; Trident/5.0)
Host: www.bing.com

IME_Cloud_01

返ってきたのは下記のJSONデータでした。

{
    "AS": {
        "Query": "しーくゎー",
        "FullResults": 1,
        "Results": [{
            "Type": "AS",
            "Suggests": [{
                "Txt": "シークヮーサー",
                "Type": "AS",
                "Sk": "",
                "HCS": 0.0
            }, {
                "Txt": "シークヮーサー 効能",
                "Type": "AS",
                "Sk": "AS1"
            }, {
                "Txt": "シークヮーサージュース",
                "Type": "AS",
                "Sk": "AS2"
            }, {
                "Txt": "シークヮーサー レシピ",
                "Type": "AS",
                "Sk": "AS3"
            }, {
                "Txt": "しーくゎーさー",
                "Type": "AS",
                "Sk": "AS4"
            }, {
                "Txt": "シークヮーサー本舗",
                "Type": "AS",
                "Sk": "AS5"
            }, {
                "Txt": "シークヮーサー 英語",
                "Type": "AS",
                "Sk": "AS6"
            }, {
                "Txt": "シークヮーサー 栽培",
                "Type": "AS",
                "Sk": "AS7"
            }]
        }]
    }
}

これを見るとクラウド候補機能は、bingのサジェスト用APIにリクエストを投げて、結果をJSONで取得、候補として表示していることがわかりますね。

下図の通り、Bingのキーワード候補とも一致しています。

IME_Cloud_02

このAPIがどこのデータベースを見に行っているのかまではわかりませんが、日々Microsoftの方で更新しているデータベースなのでしょう。
Microsoftの更新頻度にもよりますが、最新の用語がすぐに反映されるのではないかと思います。

変換する際の反応も早くて便利な“クラウド候補機能”、製品版のWindows 10でも是非使いたい機能ですね!

関連記事

  1. Windows関連

    [Windows 8.1]16ビットアプリケーションを動かす。

    ※ 下記はWindows 8.1 RTM(日本語版・32ビット)に基づ…

  2. Windows 10

    起動中のMicrosoft EdgeからタイトルとURLを取得するVBAマクロ(DOM編)

    前回の記事で、UI Automationを使って起動中のMicroso…

  3. Windows関連

    CSMenuをWindows 8で使ってみました。

    ※ 下記はWindows Developer Preview(英語版・…

  4. Windows関連

    [Windows 8]拡張子を表示する。

    ※ 下記はWindows Developer Preview(英語版・…

  5. Windows 10

    Selenium(C#)でEdgeをいろいろ操作してみた。

    当ブログでも最近よく扱っているMicrosoft Edge、Selen…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP