リボン関連

PowerShellからリボンUIを呼ぶ方法

下記記事で簡易的なUIとして手軽なHTAを使いました。

PowerShellでGUIアプリを作る場合はどうするのだろう?と調べたところ、すぐにその方法が見つかりました。

なるほど。Windows FormsかWPFを使えば良いわけですね。
どうせ試すならリボンUIで実装してみよう!というわけで、さっそくコードを書いてみました。

Add-Type -AssemblyName PresentationFramework
Add-Type -Assembly System.Windows.Forms
Add-Type -AssemblyName System.Windows.Controls.Ribbon

[xml]$xaml = @'
<RibbonWindow 
  xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
  xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
  Title="MainWindow" Height="300" Width="300"
>
  <Ribbon>
    <Ribbon.ApplicationMenu>
      <RibbonApplicationMenu Visibility="Collapsed" />
    </Ribbon.ApplicationMenu>
    <RibbonTab Header="Tab1">
      <RibbonGroup Name="grp1" Header="Group1">
        <RibbonButton Name="btnSample" Label="Sample" FontSize="11pt" />
        <RibbonButton Name="btnExit" Label="Exit" FontSize="11pt" />
      </RibbonGroup>
    </RibbonTab>
  </Ribbon>
</RibbonWindow>
'@

$reader = (New-Object System.Xml.XmlNodeReader $xaml)
$window = [Windows.Markup.XamlReader]::Load($reader)
$btnSample = $window.FindName("btnSample")
$btnSample.add_Click({
  [System.Windows.Forms.MessageBox]::Show("Hello world", "Sample")
})
$btnExit = $window.FindName("btnExit")
$btnExit.add_Click({
  $window.Close()
})
$window.ShowDialog() | Out-Null

PowerShell_WPF_Ribbon_01

Officeのリボン・カスタマイズに慣れていると、XAMLは結構身近に感じます。
上記参考サイトを見ながら何となくコードが書けました。
スクリプト実行時にPowerShellのコンソールが出てくるのが気になりますが、目的は達したのでまあ良しとします。

PowerShellからNetOfficeを使ってWordやPowerPointを操作する方法前のページ

【まほうのルミティア】ルミティアステッキ2が発売開始されたよ。次のページ

関連記事

  1. Windows 10

    PowerShellでMicrosoft Edgeを操作する

    前回の記事でWebDriverを使ってMicrosoft Edgeを操…

  2. Power Automate for desktop

    Power Automate Desktopを更新するPowerShellスクリプト

    公式ブログを見れば分かる通り、Power Automate Deskt…

  3. Windows 10

    「ファイル名を指定して実行」からMicrosoft Edgeを起動する

    以前書いた記事で、Microsoft EdgeをVBScriptから起…

  4. Office関連

    Officeアプリケーションのバージョン情報ダイアログから情報を取得するVBScript

    自分の手間を減らすためのスクリプトシリーズ、今回はWordやExcel…

  5. Office関連

    Office 2016で“ヤツ”を召喚してみた。

    4月1日にMicrosoft Office公式アカウント、MSOffi…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP